Link  TOPへ戻る  >   戻る

じゅんれい


じゅんれい
白然との親密さ、瞑想的かつ哲学的な生きざまとあいまって、その役割の重要さのゆえに、牧夫はたいそう尊敬されたのである。

統治者たちは好んで牧夫と対話し、その助言に耳をかたむけた。

何千年ものあいだ、詩入たちは「よき羊飼い」や・そのイヌ、ウシ、ヒツジやヤギなどを、叙事詩、叙情詩や、田園詩の中心にすえてきた。

現在でも牧夫を主題にした歌は、毎日何千という放送局で放送され、何百万枚ものレコードがくりかえしかけられている。

いっぽう・吟遊詩人は、ほんとうの詩人ではなくて、流行歌の作詞家にすぎず、かれらは牛飼いではなく罎碧うたっている。

いまのカウボーイ・ソングの熱狂者たちは、ウシの群れを飼うのは非常に技術を要し、また骨の折れる仕事であって、六〇〇〇年以上の古い伝統をもつ遺産であることに・ほとんど気づいていないのである。

カウボーイの起源は、せいぜい三〇〇〇年をさかのぼるに過ぎない。

その祖先は、スキタイ入とサル了ト人の馬を使屋飼いたちであった。

ユダヤ人のウシ 古代の歴史を通じて、家畜は入気のある戦利品であったという記録が残っている。

アッカド人とシュメール入は、インダス川の谷間のウシ飼育業者たちが経験したと同じように、しばしば外国人征服者のために白分たちのウシの群れを放棄しなければならなかった。

アーリア人の遊牧民が北方からインダス川のほうへ侵入して、当時すでに文明の発達していたいくつもの古代都市を破壊したとき、かれらは家畜の群れだけを殺さずに、次の移住地へいっしょに連れて エジプト人もまた、かれらが征服した近東の諸地方からウシの大 群を獲得した。

「古代世界のプロシア人」といわれるアッシリア人が、エジプト入をメソポタミアから追放したのち、かれらは戦いに負けた隣入たちをまったく同様な方法であつかった。

かれらは被征服者のウシの群れを没収し、都市を破壊し、そして人口の大部分を殺害したのである。

敗者は動物たちをアッシリアに連れてこなければならなかった。

そこで動物たちはあたらしい所有者に保護された。

エジプトに移住し、ナイル川の三角州地帯の肥沃な東部に定住したユダヤ入は、四三〇年間に人口がいちじるしく増加した。

かれらは、家畜の大群を所有していた。

たぶんエジプト人は、これらの「外国人」がファラオ室ジプト王]に支払う税金だけではけっして満足しなかったことであろう。

エジプト入の人口もまた増加したので、かれらはユダヤ入の豊かな家畜の群れをほしがった。

その結果は、ユダヤの人ぴとの出国につながるのである。

「さて、ユダヤの人々はラメセスを出立してスコテに向かった。

女と子供を除いて徒歩の男子は約六十万人であった。

また多くの入り混じった群衆および羊、牛など非常に多くの家畜も彼らと共に上った」(『旧約聖書』「出エジプト記」一二章三七ー三八節) かれらの家蓄の群れは他国の牧草地で草を食まなければならなかったので、まず最初にアマレク入[シリアの略奪的遊牧種族]との衝突がおこった。


お好み  TOPへ >  戻る
輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー 我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル 美しき縫ぐるみ ネザーランドドワーフ 耳垂れうさぎのホーランドロップ 小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリア ライオンヘッドラビット 犬猫好きのトイ・プードル 家族のような柴犬・ビーグル 猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー 我輩は猫王メインクーン パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー メタボ近しミニチュア・ダックスフンド 間違いだらけの抜け毛取り選び スキップ大好きチワワ マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア 力を抜いたラグドール ペット好きのパピヨン 野良猫日本猫 うさぎ 誇り高きライオン シー・ズー 踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク 野良黒 ミニチュア・シュナウザー 日本のネコに野生猫 水着が欲しいラブラドール・レトリーバー 世界のネコ ペピイ ピロコーム 手ぐしのブラシ
犬猫うさぎの抜け毛取りピロコーム ペット抜け毛取りブラシ ピロコーム ピロコームの専門店向け卸し ピロコームの詳細説明 被毛の手入れとキューティクルの写真 ピロコーム使ったひとの生の声
アフガン・ハウンド  ウエルッシュコーギーペンブローク  ダックスフンド  ボーダーコリー一家 柴 犬  ポメラニアン  ビアディー一家 チワワ  日本スピッツ  シベリアンハスキー  グレート・ピレニーズ ニューファンドランド  ゴールデン・レトリーバー  シェルティー  サモエド一家 シー・ズー.ペキニーズ.チベタン・スパニエル