TOPへ戻る  >   戻る

じゅんれい


じゅんれい
オーリナシャン期の齢増暦ちは、たがいにかなり離れて放浪の集団生活をしていたので、白分たち以外の種族の存在についてはほとんど気づいていなかった。

しかし、紀元前六〇〇〇年までには 地球上の合は約五〇〇万人に達していたにちがいない。

米の科学者ダ.ドで.スタンプぱ、一〇〇〇万人であった可能性さえあると考えている。

もし・狩猟にたよって生活していた同時代の未開人たちが、一人あたり七.七平方キロメートルの土地を必要としたとすると、食糧の供給源を新たに求めなければならなかったことはあきらかである。

それで、多くの地方で住民たちは、ヒツジ、ヤギ、ウシや豚の子を育てるようになった。

おそらくトナカイも最初に家畜化された動物の一つだったであろう。

動物の子の生け捕り 糊増ぜちが、群れをなして草を食べているトナカイやウシのなかから、その子を捕らえることはほとんど不可能だったであろう。

なぜなら、野生の反錫動物は角を下にして敵に立ち向かい、断固として白分たちの子を守るからである。

そこで、人びとは草を食べているウシを追い払ってから、とり残された子ウシを捕らえたにちがいない。

子を産む寸前の雌ウシは早く逃げられないので、輪なわで捕らえ、引きずってくるか、または囲いのなかに追いこみ、だんだんに飼い馴らしたものと思われる。

家畜ウシの先祖は、こんにちのウシと同じように、森のなかの安全な場所で子を産んだことであろう。

同じように、北欧州やアジアのツンドラのトナカイは、深い草むらに子をかくし、そのへんに敵がいないときにだけ乳をやりにいくのである。


お好み  TOPへ >  戻る
輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー 我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル 美しき縫ぐるみ ネザーランドドワーフ 耳垂れうさぎのホーランドロップ 小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリア ライオンヘッドラビット 犬猫好きのトイ・プードル 家族のような柴犬・ビーグル 猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー 我輩は猫王メインクーン パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー メタボ近しミニチュア・ダックスフンド 間違いだらけの抜け毛取り選び スキップ大好きチワワ マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア 力を抜いたラグドール ペット好きのパピヨン 野良猫日本猫 うさぎ 誇り高きライオン シー・ズー 踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク 野良黒 ミニチュア・シュナウザー 日本のネコに野生猫 水着が欲しいラブラドール・レトリーバー 世界のネコ ペピイ ピロコーム 手ぐしのブラシ
犬猫うさぎの抜け毛取りピロコーム ペット抜け毛取りブラシ ピロコーム ピロコームの専門店向け卸し ピロコームの詳細説明 被毛の手入れとキューティクルの写真 ピロコーム使ったひとの生の声
アフガン・ハウンド  ウエルッシュコーギーペンブローク  ダックスフンド  ボーダーコリー一家 柴 犬  ポメラニアン  ビアディー一家 チワワ  日本スピッツ  シベリアンハスキー  グレート・ピレニーズ ニューファンドランド  ゴールデン・レトリーバー  シェルティー  サモエド一家 シー・ズー.ペキニーズ.チベタン・スパニエル