TOPへ戻る  >   戻る

じゅんれい


じゅんれい

じゅんれい
まぎれもなくアレクサンド・ス大王[・ケド一亭王。

前三五六⊥三三隼]は、これらの動物の群れを軍隊に守らせて・エジプト・ペルシア、インドから、ギリシアやマケドニアへ運んだのである。

いくらかやせた現代のバルカン産家畜スイギュウは、インドスイギュウの貴重な子孫であると考えてよいのだろうか。

一六世紀に・トルコ軍が生きた食糧としてスイギュウを連れてウィーンに攻め入ったとき、ウィーンの家畜は新しい血を受けいれている。

一八七八年のベルリン会議後、トルコ軍はバルカン半島の大部分からしりぞき、一九一二年には、かれらは欧州における最後の足がかりをうしなった。

けれども、スイギュウはアルバニア、ブルガリアやルーマニァの低地に残ったのである。

家畜ウシの種類 スイギュウ。

ガヤル。

家畜ウシ。

[家牛]。

ヤク。

コブウシ。

インド野生のアルニよりインド野生のガウルより。

近東、たぶん欧州もオーロックスより。

チベット野生のヤクより。

北インドおそらくオーロックスとガウルの交配による。

中国、南アジア、エジプト、南西欧州。

インド西アジア、欧州、北アァリカ、オーストラリアチベットと近隣の高地。

米、中国、近東、エジプト、北アフリカ、薦米。


お好み TOPへ戻る