Link  TOPへ戻る  >   戻る

じゅんれい


じゅんれい

じゅんれい
現在でも伝書鳩は、ときどきラジオや電話が通じないばあい、伝言を運ぷ役割をはたしている。
全インドの支配者、ムガール帝国のアクバル皇帝二五四ニー一六〇五年]は回教徒から「地上における神の影像」とよばれていたが、かれも熱心な鳩の愛好家であった。
かれは白分の高官、召使や護衛者たちが同様な情熱をかたむけることを期待した。
乙うして、アクバル皇帝はポカラ、サマルカンドやヘラートにある出先機関には、鳩の飼育にすぐれている者だけを着任させた。
この時代に・鳩を訓練する技術がたいそう高度に達した。
鳩は隊形を組んで飛んだり、または口笛によるある種の合図にこたえて、かなりの距離から鳩舎にもどってきたといわれている。
これらのすぐれた鳩は、ちょうどパレード申の軍入の隊列のように、空申で右や左へと向きを変えた。
かれらは大きならせん状に宙返りし、また訓練者の命令で次つぎにとんぼ返りをした。
アクバル皇帝の鳩は、当時のほかの支配者たちのあこがれの的であった。
ムガール帝国は、鳩を皇帝からの贈り物として、かれらに白由に与えた。
けれども、かれのお気に入りの一羽の[雌]鳩、モハナーだけはけっして手放さなかった。
しかし、この鳩の子孫は遠くヨーロヅパの宮廷までもたらされている。
このインド産の原種の子孫は、現在でも鳩愛好家たちに探し求められている。
当時の年代記によると、ギリシア人は伝書鳩についてペルシア入から教えを受けたといわれる。
紀元前四九二年にペルシアの艦隊がアトス山[ギリシアの北東部]の陰で打ち負かされたとき、船上の鳩飼育者は何千という天かける使者を放って、この敗戦の報をギリシア本土にいるペルシア軍に急報した。

お好み  TOPへ >  戻る
輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー 我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル 美しき縫ぐるみ ネザーランドドワーフ 耳垂れうさぎのホーランドロップ 小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリア ライオンヘッドラビット 犬猫好きのトイ・プードル 家族のような柴犬・ビーグル 猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー 我輩は猫王メインクーン パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー メタボ近しミニチュア・ダックスフンド 間違いだらけの抜け毛取り選び スキップ大好きチワワ マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア 力を抜いたラグドール ペット好きのパピヨン 野良猫日本猫 うさぎ 誇り高きライオン シー・ズー 踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク 野良黒 ミニチュア・シュナウザー 日本のネコに野生猫 水着が欲しいラブラドール・レトリーバー 世界のネコ ペピイ ピロコーム 手ぐしのブラシ
犬猫うさぎの抜け毛取りピロコーム ペット抜け毛取りブラシ ピロコーム ピロコームの専門店向け卸し ピロコームの詳細説明 被毛の手入れとキューティクルの写真 ピロコーム使ったひとの生の声
アフガン・ハウンド  ウエルッシュコーギーペンブローク  ダックスフンド  ボーダーコリー一家 柴 犬  ポメラニアン  ビアディー一家 チワワ  日本スピッツ  シベリアンハスキー  グレート・ピレニーズ ニューファンドランド  ゴールデン・レトリーバー  シェルティー  サモエド一家 シー・ズー.ペキニーズ.チベタン・スパニエル