TOPへ戻る  >   戻る

じゅんれい


じゅんれい

じゅんれい
カ モ。
カモは・これまで述べた鳥のようないかがわしい目的のためには飼われなかった。
野生の状態でカモはど乏でもたくさん早りれたので、奪りを響する必餐弩たくなかっ たようである・しかし・ギリシア入はカモを、姦の神プリアポスと、愛の神エロスに警箋して飼っていた。
きれいな水が流れている、れんがづくりの纂がおいてあった。
それで、カモの餌は芝ややく湿っていた。
ローマ入は、主としてマガモやコガモを飼っていた。
かれらは、 エジプトや小アジアから「ボンテ・ノガモ」とよばれる・頭の赤いカモをも輸入していた。
おそらくこの鳥は、アジア産のリュウキュウガモのことであろう。
ツクシガモもまた、食用としてたいそう珍重された。
ローマ人は、西ヨーロッパや中央ヨーロッパに侵攻するにつれ、これらのすべての種類を利用していった。
かつてローマでは、カモが非常に安かったので、一般の人でもむし焼きのカモにありつくことができた。
皇帝ディオクレティアヌス(二八四ー三〇五年)は、カモ一羽の最高価旛をこんにちの約一シリング九ペンスに相当する銅貨二〇デナリウスと定めた。
ニワトリのめんどり一羽は三〇デナリウスで、おんどり一羽は四〇デナリウスであった。

お好み  TOPへ >  戻る
輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー 我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル 美しき縫ぐるみ ネザーランドドワーフ 耳垂れうさぎのホーランドロップ 小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリア ライオンヘッドラビット 犬猫好きのトイ・プードル 家族のような柴犬・ビーグル 猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー 我輩は猫王メインクーン パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー メタボ近しミニチュア・ダックスフンド 間違いだらけの抜け毛取り選び スキップ大好きチワワ マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア 力を抜いたラグドール ペット好きのパピヨン 野良猫日本猫 うさぎ 誇り高きライオン シー・ズー 踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク 野良黒 ミニチュア・シュナウザー 日本のネコに野生猫 水着が欲しいラブラドール・レトリーバー 世界のネコ ペピイ ピロコーム 手ぐしのブラシ
犬猫うさぎの抜け毛取りピロコーム ペット抜け毛取りブラシ ピロコーム ピロコームの専門店向け卸し ピロコームの詳細説明 被毛の手入れとキューティクルの写真 ピロコーム使ったひとの生の声
アフガン・ハウンド  ウエルッシュコーギーペンブローク  ダックスフンド  ボーダーコリー一家 柴 犬  ポメラニアン  ビアディー一家 チワワ  日本スピッツ  シベリアンハスキー  グレート・ピレニーズ ニューファンドランド  ゴールデン・レトリーバー  シェルティー  サモエド一家 シー・ズー.ペキニーズ.チベタン・スパニエル