TOPへ戻る  >   戻る

じゅんれい


じゅんれい

じゅんれい
キジは不死鳥。
ペリクレス時代(紀元前四九九-四二九年)[古代ギリシァの全霊期]に、二種類のキジがギリシアに輸入された。
その一つは"ファシアノス"とよばれ、黒海の東海岸にあるコルキス地方から輸入された。
もう一つは"テタロス"といい、ペルシアから輸入された。
ずっと後になって、中国からヨーロッパへ数羽のキンケイ[金鶏]の標本が到来して、たいそう評判になった。
非常に珍奇なので、この鳥は不死鳥とよばれた。
もちろん、エジプトの有名な伝説上の不死鳥は、もっとアオサギに似ていたといわれる。
ブリニウス[ローマの博物学者。
二二T七九年]によると、 ローマ皇帝クラウディウス一世は、紀元四七 ウナーラム年に公共広場に「不死鳥」を展示した。
そして、この鳥はきらめく赤い羽、黄色い尾とオレンジ色の尻をもっていたという。
これは、たいそう多彩ではあったが、ローマ人は、この鳥に伝説にあるような進窟がなく、また、ミルラ[灘歎の木]の小枝の巣をもっていないことを不満に思っていたそうである。
その当時、ふつうのキジはすでに大量に飼育されていた。
この鳥は翼を切られて、木の囲いのなかで飼われた。
そこで、かれらは急速にふやされるか、あるいはニワトリといっしょに飼育されるかした。
あとのばあい、めんどりは、キジのひなにたいして養母の役割をよくするからである。
中世には、こういうキジの飼育場は全ヨーロッパに存在した。
戦争のときには、かれらは無視され、そして囲いから逃げ出した鳥は、野外で急速に繁殖していった。
キジは、むかしもいまも狩りの獲物として入気を保っている。

お好み  TOPへ >  戻る
輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー 我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル 美しき縫ぐるみ ネザーランドドワーフ 耳垂れうさぎのホーランドロップ 小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリア ライオンヘッドラビット 犬猫好きのトイ・プードル 家族のような柴犬・ビーグル 猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー 我輩は猫王メインクーン パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー メタボ近しミニチュア・ダックスフンド 間違いだらけの抜け毛取り選び スキップ大好きチワワ マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア 力を抜いたラグドール ペット好きのパピヨン 野良猫日本猫 うさぎ 誇り高きライオン シー・ズー 踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク 野良黒 ミニチュア・シュナウザー 日本のネコに野生猫 水着が欲しいラブラドール・レトリーバー 世界のネコ ペピイ ピロコーム 手ぐしのブラシ
犬猫うさぎの抜け毛取りピロコーム ペット抜け毛取りブラシ ピロコーム ピロコームの専門店向け卸し ピロコームの詳細説明 被毛の手入れとキューティクルの写真 ピロコーム使ったひとの生の声
アフガン・ハウンド  ウエルッシュコーギーペンブローク  ダックスフンド  ボーダーコリー一家 柴 犬  ポメラニアン  ビアディー一家 チワワ  日本スピッツ  シベリアンハスキー  グレート・ピレニーズ ニューファンドランド  ゴールデン・レトリーバー  シェルティー  サモエド一家 シー・ズー.ペキニーズ.チベタン・スパニエル