TOPへ戻る  >   戻る

じゅんれい


じゅんれい

じゅんれい
剪定は樹勢をつけて、 剪定の適期については樹種により、またその地方の気候によっても異なります。
さらに、太枝を剪定する場合と細い枝先を剪定する場合、新梢を生長期に剪定する場合もありますから一概にはいえません。
ただ注意しなけれぱならないのはいくら剪定の適期とはいっても、もともと生育が不良だったり、病害虫に葉がおかされて充分な養分の蓄積ができていないために、樹勢が衰えている木を深切12することは避けなけれぱなりません。
樹勢の弱っている盆樹にさらに剪 定という負担を強いると、盆樹その ものを枯らすことになりかねません。
切る前に枝の強弱を知ろう、 樹木には、樹芯が直上する性質をもつ高木類と、根元から多くの芽を出し叢状の樹形を示す灌木類があります。
この二種の性質をもつ樹木類は、それぞれ枝の強さも異なります。
前者の高木類では、一般に樹芯部つまり上部の枝ほど勢いが強く、下方の枝ほど弱い性質を示します。
後者の灌木類ではこの逆の性質があります。
ここで採り上げる紅黄葉を楽しむ雑木類の大半は、高木類に属します。
ですから剪定の際、下枝を無理して切りすぎてしまうと、大切な一の枝や二の枝などの後枝を枯らしてしまいかねません。
不要枝はいつ切る? 実際に勇定作業を行うとき、不要と思われる枝を切るのに、一気に枝の付け根から切除するのは避けるようにします。
不要と思われる枝であっても、まず枝先に近いところから徐々に切ワつめ、ほんとうに要らないかどうかを確認しながら行うようにします。
もったいない、あるいは思い切りの悪さから切らなすぎるのはよくありませんが、切り過ぎはもっと問題です。
また、適期だからといって一時にすべてを整える必要もありませんから、時期を分けて、少しずつ段階をふんで剪定してもよいわけです。
いったん途中まで剪定したものを、数日おいてふたたび手がけると思わぬ新しい発見ができる場合があるからです。
とくに、一度に強い剪定をすると木を痛める恐れがあり注意したいのは、八房性のものです。
一般的に、本来樹性が強健で、充分な肥培によって樹勢ののった樹であれぱ、深切りしても大丈夫ですが、樹性がそれほど強くないものについては、剪定を数度に分けて行うほうが安全です。

お好み  TOPへ >  戻る
輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー 我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル 美しき縫ぐるみ ネザーランドドワーフ 耳垂れうさぎのホーランドロップ 小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリア ライオンヘッドラビット 犬猫好きのトイ・プードル 家族のような柴犬・ビーグル 猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー 我輩は猫王メインクーン パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー メタボ近しミニチュア・ダックスフンド 間違いだらけの抜け毛取り選び スキップ大好きチワワ マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア 力を抜いたラグドール ペット好きのパピヨン 野良猫日本猫 うさぎ 誇り高きライオン シー・ズー 踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク 野良黒 ミニチュア・シュナウザー 日本のネコに野生猫 水着が欲しいラブラドール・レトリーバー 世界のネコ ペピイ ピロコーム 手ぐしのブラシ
犬猫うさぎの抜け毛取りピロコーム ペット抜け毛取りブラシ ピロコーム ピロコームの専門店向け卸し ピロコームの詳細説明 被毛の手入れとキューティクルの写真 ピロコーム使ったひとの生の声
アフガン・ハウンド  ウエルッシュコーギーペンブローク  ダックスフンド  ボーダーコリー一家 柴 犬  ポメラニアン  ビアディー一家 チワワ  日本スピッツ  シベリアンハスキー  グレート・ピレニーズ ニューファンドランド  ゴールデン・レトリーバー  シェルティー  サモエド一家 シー・ズー.ペキニーズ.チベタン・スパニエル