TOPへ戻る  >   戻る

思い出温泉風景


温泉風景
売物になるということは、いわば価値が高いということで、それ自体は問題はない。
しかし、一方では、その時代の流行りずたりに大きく左右されるという、きわめて危い二面性をもっそいるということもま元事実である。
もちろん、趣味家が木を売り物にすること、を真向から否定するわけではないが、いま1度その白由な立場を確かめ、売ることときっぱりと切り離した部分、何か頑強な部分を鉢植をつくる上において持っていただきたいと思う。
業者にとって、ほんとうにうらやましいといわれる部分を、である。
O挿し木冊-樹木の枝を切り取り、土中に挿して発根させ、新たに種木を得ることをいいつ。
また、根を土中に挿す根伏せや葉挿しもある。
挿し木の効用一本の親木から同時に多量の種木を得ることができる。
親木の形質をそのまま受け継ぐので、貴重な品種を保存することができる。
活着率がきわめて高い。
誰でも簡単にできる。

お好み  TOPへ >  戻る