TOPへ戻る  >   戻る

思い出温泉宿


温泉宿
さて、その潅水の目的ですが、これは分けて考えれぼ次のようになります。
1水の供総または補給や鉢温の調節。
2肥料濃度の調節や空気の人れ換え。
これらについて所見を述べたいと存じますが、これらはいずれも煙雑に作刷しますので、内容は重褸したリクドクなることもあると思いますが、これは筆掃の表現力の低劣さですのでお許し戴きたいと俘じます。
①水の供給または補給。
人体は、体派の六〇%前後が水分であるといわれておりますが、植物の場命は慨してそれよりも多く、断構部分や卓本植物ではほとんどが90%を超えており、はなはだしいものでほ九八%以上の水分をもつものさえあります。
これらの水分は、綱胞を形成するもの、養分を流勤させるための樹液、光合成の材糾となるもの等に分けて孝えることができますが、一部は常に蕪からの蒸紋という形で消費されております。
そして樋物は、根から供給される水が途絶したり、葉から蒸散が異状に多いような場合は、体内の水分バランスを失い、いわゆる脱水症状を起し、技構れをしたり、はなはだしいときは枯死します。
このように生体構造の大半を占め、かつ生俘に欠くことのできない水分の補給が贋要なことは、今さら論議するまでもありませんが、髄物生長の根源が光合成であり、その主材料が水であることを思えば、水の多少は植物の生長を支配するものということができます。

お好み  TOPへ >  戻る