TOPへ戻る  >   戻る

思い出温泉旅館


温泉旅館
束束の米作。
突然妙な語魑を賠して恐縮ですが、これも殲木の肥大や潅水と無練のものでほなく、蛮饗に示唆するものが 実ほ束京の米作は,その平均反収二〇守当たり収搬をみるとき、金国最低ともいえる抵水準にあるといって過言ではありません。
肝から玄米一升二・八ε冒の粒数は六万五千粒前後が標準とされておりますが、都ド産の米は、その多くが八万粒前徴で几万粒を超えるものもあります。
つまり一粒一粒の米が滞せていることに他なりません。
だから生育中の作楢ば金国蝿磯と人兼がなくても、収服ば大きく低ドするわけです。
米の充実のポイントの一つは、樹木の生長周期のうち、栄喪播髄に当る八月から九月の気無が、高澱多湿でハ(濫幌一堆が大きいことにあります。
この鼓点に航って全国直要都市の信亘-温の状況をみるとき、東京都農業試験場のある虻川市ほ、最も気温較兼の小さいところで.このことが低収眠の帖人の原因とみられております。
この気温嬢培と収吐の租関関係は、米作だけでなくげ胆縮を始め多くの農巌物にいえることで樹木と草奉額の諺はあっても、鉢植えも光合成物質の警積に生存を依存する捜吻である限り、このことが無緑のものではありません。
タ方の潅水は 温度と光命成活動の駄的鬨係については、樹種によりかなり差はあっても.鉢植えに澗いられる多くの樹魎にっいての傾陶はです。
光合成橋動が活苑に行われるということは、その圭材科である水が根から吸収されていることを示すもので、根の活動もほぽこれに似た幽線を縦くものとみて大きい訳11はありません。
そこで、夕方の潅水が鉢幌を低Fさせ、根の渦動を妨げるかどうかのことになりますが、閻題は潅水後の鉢湛なり気澱によって遠ってくることになります。
潅水直後の鉢温はその水温に支妃され、その後鉢温は気温に近くなります。
したがって、水濫や夜閲の気温がト丘度以ドになるときは、根の活動を妨げることもあるわけです。
しかし盛夏の夜閲気浩は.ほとんど二十五℃以上の夜を迎えることもかなりあるわけです。
このようなときは、逆にタ刻潅水して鉢温や気温を低下させた方が.気温鞍培を大きくする恵味で好ましいことといえます。

お好み  TOPへ >  戻る