TOPへ戻る  >   戻る

思い出温泉旅館


温泉旅館
有機物の蓄横。
潅水に関する多くの論翫の中には、とくに夕刻の権水にっいて、鉢置を低下させ夜閥の根の活動の妨げになるので蜂ましくないという醜、またタ刻頭からの潅水が鉢植えに生氣を与える点で簸ましいとの説,あるいは夜間は水の消費が少ないので過湿を避けるぺきだという説などがあるようです。
そしてこれらは、後に述べる戸定の鉢昼の蒟節とむ関運があり、炭水化物の蓄敵、つまり樹木の肥大ヒも深い関係がありますので.これにふれてみたいです。
気温較差と植物の肥大。
日中の高気温と、夜閾の低気温との差を気温較蓬といいます。
絨物はその生育適温の範囲内では、商温多粒なほど光命成の砥(炭水化物の催耀服)は大きくなります。
一方呼吸般の方は混慶が高いほど増大します。
そして、この両者の差が搭髄されて樹木の生長肥大になるわけですから、そのためには光合成濡動は旺盛に、呼吸活動は必要な範囲にとどめ、無駄な呼吸消戯は少ないほうが好ましいわけです。
光合成はその字のとおり、陽光のある11中しか行いませんが、呼覗の坊は母夜を通して行っております。
したがって、樹木がよく充実肥大するためには、H中は生育週棍の範囲において商湛多椴であり.使悶は根の伸長など必要な活動が妨げられない麺囲で冷涼であることが好ましい条咋といえます。

お好み  TOPへ >  戻る