TOPへ戻る  >   戻る

思い出温泉風景


温泉風景
では水の飫化作脇がどの程度の効果をもつか椀塾に討算してみましょう。
今ここに、三〇〇〇グラムの騙土鍍をもつた鉢(普通・中型盆穣の用土醍)があったとします。
鉢温が一〇度む上昇することは、礎夏時にはすでに以前の温魔が三Q度異状あるときですかち、それは四〇度を超えることになり、樹木は生育低提を超えてなんらかの障害を起しかわない域に人るわけです。
しかしこのとき、もしゞ○グラムの水がその開に蒸免したとするならば、その醸う気化熱は となり、鉢温のヒけに鬨宇する熟リーとの壜一瓦Oカロリーとなります。
そしてこ九による鉢温の上界は○・五度という赫算にしかなりません。
ただ、現築には受光エネルギーのすべてが潜熱効果(気化作用による滴費冒に廻るわけではなく、いく分かは鉢温の上昇を伴うことになりますが、熟化熱が鉢温の異状上昇防止に大きな勘きをすることは間違いありません。
この気化熱による鉢温の調瞰効聚は、常に空筑の乾温と楓鬨し,風の有無によっても達ってきます、そして、水の有擦が錐温の上界にどの罹度現実に関予するかについて盃確なデータはありませんが、数少ない謁竃感触からみる限りでは、弊湿が三三度ぐらいに逢するとき、大きな働きをして{るようです。
以上は全くの推論であります。
真夏にビニール袋に入れた根の無い挿し木が枯れることも無く育つのも事実なのです。
障害と水は ブナやヒメシャラの葉焼けが水切れと蜂縁でほありませんが、主因ほ水切れからくる錐温の異状L昇によるものであることは、すでにこれまでら述ぺてきたところです。

お好み  TOPへ >  戻る