TOPへ戻る  >   戻る

思い出温泉風景


温泉風景
農業では濃度障害という言薬があります。
これは普通ほ野菜のハウス栽培などの場合、室温上昇の関係で土壌水分が蒸発し、このとき硝酸態窒素などが表七に善穣し、次第に高撮度となって作物に被害を与えるようなときにき多く用いられる蓄葉ですが、餓織の場合は.多く肥料を施し過ぎたとき、用土藍との鬨係などから、高濃度になり過ぎることによる蛟害が麓生することがあるわけで、これは人為的渥度障害ということができます。
濃度障害と水。
いま盆雑の渥魔障害は、肥料の過剰健用のようなときに発生すると述べました。
もちろんそれが主鬨の一つであることに轟りはありませんが、特別多く施さなくても、水との関連において発生することも事実で.あるいはむしろこの方が多いかも知れません。
濃度障暫は必ずしも絶対駐の問題ばかりではなく、字の通り渥度の閻題ですから、ある穫度以上の施肥がな現奏に多くの隠をみてお羽ます。
つまり潅水は.肥粋分が高湛一騰になり過ぎたようなとき、その濃度を調整する上でも大きな役割をもつもので、肥料を多く施す人は、水もまた多く掛けなければならないということになります。
麗料分の流亡。
鉢植えを指導される方の中には、礒穴から水が多く流幽するような潅水は、肥料分の潦亡につながるから好ましくないといわれる人もあります。
もちろん潅水が極端に多ければ肥料分が流出することも曝実ですが、この考えにほ多少の悶題がないわけではありません。
第一に施肥及が適正であるかどうかです。
臆肥景が適正であるかまたは少な同の場合は、この件に鬨する限り過多の潅水が好ましい理はありませんが、施肥簸が多少なり多過ぎるのが一般の傾向であるとするなら.水と肥料に多少の無駄はあっても、潅水職は多い方が無難であるといえます。

お好み  TOPへ >  戻る