TOPへ戻る  >   戻る

思い出温泉風景


温泉風景
良くなるわけですから、この時期を注意してやるのです。
もし、1度の芽切りと同時の葉ぬきをして、それでしっかり管理できたとすれば、それこそが真のum点満点といえるのでは、ないでしょうか。
さて、他の作業について述べておくと、剪定は正月から4月初旬まで。
植え替えは4月が適期で、8月下旬から9月上旬でも行えます。
針金かけは、11月から3月初旬までと、芽切りの時期でも行えます。
もし、針金かけの効果、特に枝先の効果を狙うならば、3月の初旬と8月下旬から9月初旬の時期をおすすめします。
前者は、新芽の動き出す前の前年枝にかけることになりますし、後者は新芽がかたまった若い枝にかけることになりますから、樹にとっても安全であり、しかも期待通りの枝先の整姿が可能です。
灌水は4月から芽切りまでたっぷりと、芽切り後のーか月半くらいは水上げが悪くなりますから、土の乾きを見ながら控えの灌水。
そして8月中旬からまたタップリと灌水してください。
肥料は12月中旬から2月下旬までの冬の間と、芽切り後、約30~40日は休みましょう。
百花さきがけのウメ。
ウメは分類学上バラ科サクラ属のウメ亜属として分類されています。
数多くの品種があ りますが、そのどれもがウメという一つの種類に集約されます。
品種は便宜上、花の鑑賞を主眼とする「花梅」と、実の収穫に重点をおく「実梅」の二つに分けられ、花梅は三百種以上あワ、これがさらに野梅、緋梅、豊後の三つに大別されています。
野梅性……原種に近く、樹勢が強いので挿 木でも増える。
花は白が多い。
緋梅性……木質部が赤く、花は紅色が多い。
豊後性……ウメとアンズの間種で、花も葉も大形。
花はピンクが多い。
実梅の方は花梅 ぼど数はなく、約百種。
梅郷、鶯宿、豊後、稲積、養老などの比較的よく知られる品種です。
全国的に栽培されるものは少数で、地方ごとに特色ある品種が見られ、気候風土との相関性が伺われます。
ウメの原産地は中国大陸といわれ、わが国へは奈良時代、唐から伝えられたといわれま す。
最初は、青梅を煉蒸乾燥させた「鳥梅」が薬としてもたらされ、その後に樹木が渡来して各地に植栽されるようになったようです。
そしてその直後から、朝廷では梅見の宴がしばしば行われるようになったようです。

お好み  TOPへ >  戻る