TOPへ戻る  >   戻る

思い出温泉風景


温泉風景
『万葉集この中には大伴家持の 今日降りし雪に競いて我がやどの 冬木の梅は花咲きにけり を始め、ウメを詠んだ歌が:八首おさめられています。
ハギを歌った四百首に次いでおり、サクラの四二首をはるかにしのぐ人気ぶりです。
ところが時代が下り、平安中期ともなると、貴族の嗜好はがらりと変わってしまいます。
あれほど入気を博していたウメも、『古今和歌集』(AD九=二年頃成立)においては、サクラの歌百余首に対し、ウメの歌二十首足らずと大きく差をつけられてしまいます。
とはいえ、これは上流階級や文化入が外来文化の象徴としてウメをもてはやした時期が 過ぎ去ったというだけで、日本人のウメ離れを意味するものではありません。
平安時代にはそれまでの白梅に加えて紅梅も渡来し、ウメを身近に感じる機会はますます多くなってきます。
そして、鎌倉、室町と時代を経、江戸時代になると庶民の花として広く一般に親しまれるようになリ、宝暦八年二七五六)には『梅本』という梅についての単行本が初めて刊行されます。
このように、ウメが上流階級から庶民にいたるまで幅広く愛でられた理由は、寒さに耐えながら百花に魁て咲き、つつましやかに香る風情が、日本人の忍耐とか可憐、いじらしさとかいった美意識に重なるものがあったからかも知れません。
ところで、長きに亘って日本人の鑑賞の風流心を誘ってきたウメは、一方で食料、薬としての実用性も重用されてきました。
唾液の分泌を促してのどの乾きを潤し、食欲を充進させるばかりでなく、殺菌、解毒作用もあるので、梅干しは特に盛んに作られてきました。

お好み  TOPへ >  戻る
輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー 我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル 美しき縫ぐるみ ネザーランドドワーフ 耳垂れうさぎのホーランドロップ 小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリア ライオンヘッドラビット 犬猫好きのトイ・プードル 家族のような柴犬・ビーグル 猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー 我輩は猫王メインクーン パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー メタボ近しミニチュア・ダックスフンド 間違いだらけの抜け毛取り選び スキップ大好きチワワ マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア 力を抜いたラグドール ペット好きのパピヨン 野良猫日本猫 うさぎ 誇り高きライオン シー・ズー 踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク 野良黒 ミニチュア・シュナウザー 日本のネコに野生猫 水着が欲しいラブラドール・レトリーバー 世界のネコ ペピイ ピロコーム 手ぐしのブラシ
犬猫うさぎの抜け毛取りピロコーム ペット抜け毛取りブラシ ピロコーム ピロコームの専門店向け卸し ピロコームの詳細説明 被毛の手入れとキューティクルの写真 ピロコーム使ったひとの生の声
アフガン・ハウンド  ウエルッシュコーギーペンブローク  ダックスフンド  ボーダーコリー一家 柴 犬  ポメラニアン  ビアディー一家 チワワ  日本スピッツ  シベリアンハスキー  グレート・ピレニーズ ニューファンドランド  ゴールデン・レトリーバー  シェルティー  サモエド一家 シー・ズー.ペキニーズ.チベタン・スパニエル