Link  TOPへ戻る  >   戻る

思い出温泉宿


温泉宿
歴史の発襞のうえで・亮世紀前半の産養命ξ匹敵するほどのできとは、私たちの先祖が狩猟と憲集めの生活からぬけだして、萎を響して牧婁警め誉とである。

この新しいこころみの易は・年間を通じて新鮮な肉を手に入れることであったが、まもなく肉以外のすべての窪物をも合理的に利用するようになった。

そして、つい浜、会では妻ばない仕芝動物の力を倍りるにいたったのである。

機械が歴史の生活に鏨面禽いたよ乏、動物を飼い奪bしたことは、その人たちの生活に革藷な変化をもたらした・家畜の所有によって歴史は新しい方向、つまり文明への道を進むようになった。

土地の耕作は・ウシとともにはじまったとい・妻。

もっとも初期の襞ですり、鋤や荷車をひっぱる動物の助けがなくては不可能だったからである。

食糧があまるようになってから商取り引きがはじまり、そして隣人たちとの接触によってそれぞれの文明がもたらされた。

こうして、文字や歴史をもたず、また経済用語で考える力のなかった人たちが、こんにちでもびっくりするようなすぐれた知力をもつようになっていった。

これはひとえに、動物を家畜化したことによるものである。

ここに述べたようなことはわかりきったことだと思う入たちは、こんにちの世界をつくりあげる助けになったある種の動物が、すでに絶滅しているということを思いおこしてほしい。

それでなくても、たとえば馬でさえ、町なかでみかければ、子供たちがじっと見つめるほどめずらしいものになっている。


お好み  TOPへ >  戻る