TOPへ戻る  >   戻る

思い出温泉宿


温泉宿
潅水した水か土壌孔隙をうめるその孔隙の水が馴れればまた断しく雀気が入ってくるわけで.いうならば潅水はこの撫気の役創もしているわけです。
用土の種類と灌水。
ここでほ朋土の材閲、っまり種類について.それが潅水理論なり方法とどう関遡するかについてふれてみたいと思います。
しかし、用土の樋頌といってもかなり多く、鯛者もそのすぺてを知っているわけではありませんので、代表的ないくつかのもの,またはそれらの群を対禦として考えてみることにします。
用土の種類区分は鬨菓と関西では、使鯏する胴土の種顧にかなりの違った燭向がみられます。
こ泥に属する代表灼なものとしては、赤臣・鹿沼Lなどがあります。
赤kは、関塞では松柏を始めほとんど断稀の基本川トとして広く用い-りれ、関西舌.」も雑木盆樵には基本墹トと芦^っておーー麦す。
蜴土として、関束始め広い飽域で用いられる他、園芸用土としてランその他に使用されております。
硬灰団粒朋土。
代表的なものには楓生砂があるほか、これに近い性質の用止はかなりあるようです.桐生砂は、関束車心に、赤玉との混含賜土として松柏中心に広く使用されております。
代我的なものは富士砂ですが、頭似の火山礫はかなりあるようで,甦的にはあまり多くない版、物理的惟質が好ましいので広い範因で胴いちれております。
山砂および川砂群。
これには古くから有名な天神川砂や鑑的に多く鮑用されている矢作川砂を始め.朝明砂.広鴎砂など、河川または地域の名をとった多くのものがありますが、これらは学閻的に はいずれも礫ですから、これによる培養は礫耕栽暗の一つと孝えてよいでしょう目鬨西では松柏類を中心に広く単刷されており,関艇でも最近わずかながら使川され始めているようです。

お好み  TOPへ > 戻る