TOPへ戻る  >   戻る

思い出温泉風景


温泉風景
 葉狩りは有効である。
できれば梅醐前がよい。
梅雨の長く続く時期に博葉刈り後の新芽が伸びるとウドンコ病などにかかりやすくなる点に注意。
梅雨期の6月でも可能。
一般的に5/月末ー6月末という目安で、試してみていただきたい。
葉刈り後の2番芽は年により違っ てくる。
日照が少ない梅雨や前年の 夏の環境によっても異なる。
次の年 の春~夏に影響が出るので、このあ たりが難しいところ。
したがって一 概には言えないのだが、5月~6月 に葉刈りをかけ枝岐れさせていきたい。
樹作りの過程の素材にも有効で、荒皮モミジの大切な作業のひとつである。

お好み  TOPへ > 戻る