抜け毛対策はペット用品抜け毛取りPhilocomb  TOPへ戻る  >   戻る

思い出温泉風景


温泉風景
一流の鉢植え展などで、名品、優品といわれる作品を見学すると、まるで違った世界のものを見せられているような気がして、彼等と白分の培養技術の差にどうにも埋められない隔たりを感じてしまう。
鉢植えのプロといわれるような人達と、趣味家といわれるアマチュアとの間にはどのような技術の差があるのだろうか。
また、その違いはどのようにして生じるのだろうか。
ずっと以前から考えてきた問題である。
勿論プロのようなアマもいるだろうし、その逆もあるだろう。
どちらとも区別できない人も数多くいるに違いない。
けれども世間一般には、あの人はプロだ、この人はアマだといわれると、それでなんとなく納得してしまうのだ。
三目葉としての概念では、プロは職業としてそれで収入を得ている人、アマは職業としていない人、というのが一番分かりやすい。
しかしよく考えてみると、果たしてそれが適切な分類基準なのかどうかは甚だ疑問である。
たとえば、マルチ型の才能をもっている人では、何が職業で何が趣味なのか区別のつけようがない。
よく知られているように、油絵から芸術活動をスタートし、版画ではベネチア・ビエンナーレ展の大賞を受賞し、版画家としての地位を確立したが、後年は作陶も手がけて風化の美を表現して有名になった。
また文学作品としては、『エーゲ海に捧ぐ』で芥用賞作家となり、それを映画化して監督業までこなす多才ぶりであった。
こんな人は何が本職なのか、恐らく自分でも分からなくなってしまうのではないだろうか。
ましてや、どの分野で収入を得ていたかなどということは、他人には皆目見当がつかない。
プロかアマかを区別することはナンセンスな話になってしまう。
こうして考えてみると、プロだアマだと特別に分ける必要はないのかもしれない。
けれどもプロ作家とか業者とかいわれる人達の作品や作風は、明らかに素人のそれとは異なった風格をもっている。
私の技術などでは、はるかに年若い専門家の足元にも及ばない。
やはりプロとアマは違うのである。
その違いはどこからくるのであろうか。
永い間納得のいく答えが得られなかった。

お好み  TOPへ > 戻る
輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー 我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル 美しき縫ぐるみ ネザーランドドワーフ 耳垂れうさぎのホーランドロップ 小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリア ライオンヘッドラビット 犬猫好きのトイ・プードル 家族のような柴犬・ビーグル 猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー 我輩は猫王メインクーン パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー メタボ近しミニチュア・ダックスフンド ペット抜け毛取りブラシ選び スキップ大好きチワワ マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア 力を抜いたラグドール ペット好きのパピヨン 野良猫日本猫 うさぎ 誇り高きライオン シー・ズー 踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク 野良黒 ミニチュア・シュナウザー 日本のネコに野生猫 水着が欲しいラブラドール・レトリーバー 世界のネコ ペピイ ピロコーム 手ぐしのブラシ
犬猫うさぎの抜け毛取りピロコーム ペット抜け毛取りブラシ ピロコーム ピロコームの専門店向け卸し ピロコームの詳細説明 被毛の手入れとキューティクルの写真 ピロコーム使ったひとの生の声
アフガン・ハウンド  ウエルッシュコーギーペンブローク  ダックスフンド  ボーダーコリー一家 柴 犬  ポメラニアン  ビアディー一家 チワワ  日本スピッツ  シベリアンハスキー  グレート・ピレニーズ ニューファンドランド  ゴールデン・レトリーバー  シェルティー  サモエド一家 シー・ズー.ペキニーズ.チベタン・スパニエル